のぼりの活躍の場

日常でのぼりをよく見る場所

のぼりは、日常的にも、お祭りなどのイベントでも見かけます。

日常的にみかける場所と言えば、お寿司屋さん、とんかつ屋さん、和食レストラン、おでん屋さんなど、「和」をイメージさせる飲食店、居酒屋、ファミレス、コンビニなどの、季節ごとに商品を入れ替える店、そして、屋台などの移動式の店などでしょうか。

例えば、こういったのぼり「見たことあるある」って思いませんか?→http://www.nobori-u.com/c_page/835/0001.html(のぼり通販ドットコム)

和をイメージさせる飲食店で、のぼりが使われるのは、やはり伝統的な印象を受けるからでしょう。

のぼりの歴史に、日本らしさを感じることで、味にも伝統的なものを感じさせる効果があります。

こういったところで効果的なのは、やはり本染めのものでしょう。

季節ごとに商品を入れ替える店では、季節感の演出と、新商品、新メニューの紹介の意味から利用します。

「かき氷」や「冷やし中華」「鍋」「おでん」などの文字を店先に見かけた時に、「もうそんな季節か」と思うあの気持ちを誘っているのです。

屋台などで使われるのは、やはり「店がそこにある」という事を知らせるためです。

屋台などは、営業中のみその場所にいるので、普段から店の存在を知らせておくことができません。

そんなときは、のぼりのようなツールが目印になり、非常に効果的です。

Comments are closed.